よくある質問

光触媒はメリットしかない?

光触媒塗料は、価格が高額なことを除けばメリットばかりだと思いがちですが、光触媒塗料がその効果を発揮するのは「太陽光(紫外線)が当たる場所」「雨水が当たる場所」「有機物系の汚れがつく場所」に限定されるのが事実です。
そのため、高い建物に囲まれてあまり太陽光が入らない場所であったり、庇が長い等の理由で外壁にあまり雨水が当たらない場所であったり、土埃や錆びなどの無機物系の汚れがメインとなる場所であれば、高額な料金を支払い光触媒塗料を塗ったとしても、ほとんど効果は感じられなくなります。
また、鳥のフンが大量に付いていたり、湿度が非常に高く苔やカビ、藻などが発生しやすい場所などの塗料の分解能力を超える汚れには追従できません。
メリット面ばかりを見るのではなく、デメリット部分もきちんと理解したうえで塗料を選ぶことが大切です。